1940代の映画(ビデオ)をたて続けに観た

土曜日の深夜から、今日、月曜日にかけて6本のビデオを観た。なんか、憑りつかれたみたいだ、
1.禁じられた遊び

2.望郷     1937   仏

3.汚名     1946   米

4.霧の波止場  1949   仏 

5.凱旋門    1948   米 

6.I confess  1953 米

戦争が背景になっている時代の作品、ジャン・ギャバンやイングリッド・バーグマンが出ている映画。

人々は生活保障と愛を求めて必死に生き抜くことがテーマと言えるのではないか。ひとときも愛を語らずには、あるいは、愛から離れては生きていけない女を演じるバーグマン。

訳ありで、人間臭い男役を演じるギャバン。

愛だけが生き甲斐のストーリー。時代が戦争時代だからか。

 

映画の中は出て来る男女はみんなたばこを吸って煙もうもう。服装はコンチネンタル・スタイル。ざっくり背広に旗のようにハタハタ裾が翻るような太いズボン、つば広帽子。雨でも帽子とコートを濡らして傘は殆どでてこない。

 

パソコンから離れて、このところ映画に没頭。

 

 

 

What's New

LINK

Misc.

あおさんのブログ 

  Ameblo

 Ameblo、今は使っていません。このHomePage内のBLOGに変えました。

CONTENTS