トコブシだったよ  アワビ書いてあるから注文したのにぃ~

数日前のこと、田無駅北口にある海鮮居酒屋でいっぱい食わされた!


アワビ 1000円。左の写真の2倍の大きさでメニューに出ているので、きっちりアワビがたったの1000円と思って注文したら、味が…!?

 

一緒にいた一人が物識りだった。「これはトコブシだわ。アワビもどきだよ。」

(左上の写真がトコブシです。これだけではアワビと区別がつきませんね。)

 

トコブシという単語、私は初めて聞いた。活きたアワビもどき、その踊り食い。
アワビ、活きた一尾(匹)で、メニューにあった大きさならば、6,000円以上はするだろう。10,000円かも知れない。それくらいは知っていた積りだったが、だまされた。

チェーン店の若いお兄ちゃんに言っても始まらんだろう、いわんや、運んで来てガスコンロに火をつけ、そして焼き上げてくれて「もう食べられます」と教えてくれた純情そうな若いおねえちゃんには、これアワビじゃあないよ、と言っても通じないだろう、だから文句は言わなかった。

 

でも、運んで来た時に、大きさがメニューの写真と大違いだったことを指摘するくらいはするべきだった。


それにしても、メニューは正しく書くべきだ。アワビがあんなに安く食えるはずがないのだから、消費者側にもしっかりした目が必要なんだ、ということを再認識。他に注文したゲソ焼き、イカの姿焼き、ほっけの焼き物、海鮮サラダは本物だった。これらにはだまされていない積り。

 

みなさん、ご注意あれ。紳士淑女面しないでクレームすべきかどうかは、品格・人格の問題かな…。1,000円もことだから。 一つだけ注文して良かった。

 

http://www.touoroshi.or.jp/fish2/fish2-16/fish2-16.html

 

What's New

LINK

Misc.

あおさんのブログ 

  Ameblo

 Ameblo、今は使っていません。このHomePage内のBLOGに変えました。

CONTENTS