同窓同期の友人が逝った

訃報だけは、ある日、突然に予告なくやって来るので、心臓に悪い。 

いい話はあまり来ないのに。

塾の政治学科卒、神鋼同期入社の福崎誠君、同い年の73歳で逝くのはショック。


私が福崎君と会ったのは3~4年前、彼の推薦の立川の蕎麦屋で一杯飲った。

その後は東京睦互会の開催時にお誘いのメールや電話で連絡をし合うだけだった。

もの静かな、どこか達観したような不思議な存在だった。


彼は、退職した後、いつまでも 会社関係、同期関係で付き合いを続けるのはイヤだといって神鋼関係の集り、イベントには一切参加することはなかった。


大昔、と言っても40年近く前のことだが、横浜・藤が丘の社宅で数年一緒だった。同じ棟で同じ階段で、彼が4階、わが家が1階。子どもつながりで一緒にホームパーティをやったりしていた。その後、それぞれ転勤で離れてしまったが、お互い東京神戸を行き来し、単身生活をしたりと、ずっと本社部門で過ごした。

(その藤が丘社宅は資産売却で処分され、今は別の会社の寮になっている。)


お互いに役職について頃から、時折、数か月おきにくらいに彼と飲んだ。話題はいつも仕事のこと、組織の人間関係のこと。私は財務部副部長から経理部長に移った頃で、彼はマスコミ相手の広報部にいた頃だったが、むしろ、総務担当役員・熊本さんの個人秘書のような形で仕事をしていて、私は財務部や経理部の内情を探索されているようだったが、それを承知の上で逆利用しようと思っていた。


彼は主任部員という肩書ばかりだった。普通、管理職(課長・次長・部長)は本来の業務と共に人事管理も行うが、彼はそんな管理職位には一度も就かなかった。人事管理がないのはストレスが軽くて、彼は楽だったろう。そんな彼が神鋼を退職して、短期間、人事管理の専門会社、神鋼ヒューマンクリエイトで人材育成・人材支援の会社の社長を務めた。熊本さんの配慮だったのだろう。


昭島市に居を移したが、これは彼のプライベートな事情による。また、退職後は一切神鋼関係の人との関係を絶ったが、彼は業務上の複雑な事情の所為だろう。


合掌


---------------------

神鋼社友会各位

                          神鋼社友会


神鋼社友会会員の訃報を拝受いたしました

故人のご冥福をお祈りし次のとおり謹んでお知らせいたします


故 人  : 福﨑  誠氏 名簿頁49 年齢73歳

経 歴  : 総務部担当役員補佐→㈱神鋼ヒューマンクリエイト社長

死亡日   : 平成27年 10月 18日(日)

告別式  : 平成27年 10月 22日(木) 11:30~

場 所  : セレモニーホール昭島with

          〒196-0015 東京都昭島市昭和町1-2-17

           ℡ 042-542-3502

                ※ご葬儀は、御家族葬(無宗教)にて執り行います。との事です。


喪  主 : 福﨑 鸞子様(奥様)


連絡を頂いた方 神戸製鋼所 秘書広報部 砂金様


ーーーーーーーーーーーーーーーーー

神鋼社友会

〒651-0073

神戸市中央区脇浜海岸通1-5-1

(国際健康開発センタービル6F

電 話 : 078-261-4138

 F A X : 078-261-4139

E-mail : shayukai@kobelco.com



What's New

LINK

Misc.

あおさんのブログ 

  Ameblo

 Ameblo、今は使っていません。このHomePage内のBLOGに変えました。

CONTENTS