田無神社、東日本大震災で受けた損傷を改修

田無神社、東日本大震災で被った本殿の損傷の改修工事が漸くこの程復旧、それで改修に奉賛された氏子さんや崇敬者の方々に本殿特別拝観の行事が行われています。(5/10、拝観して来ました。)
奉賛していなくても、崇敬者は拝観できます。

前に、損傷を受けた本殿の中を見せて頂いたことがありますが、ジャッキで持ち上げられていた本殿が今は鎮かにお座りです。

 

本殿の美しさ、嶋村俊表の彫刻が蘇って、そして、次にまた来るかも知れな天災への備えも新たに加えられて改修がなされていました。
欄間の飾り彫刻が落下しないように紐で結わえられていたり、コンクリで囲まれた奥本殿との境にはクッション材が加えられるなど、防振・共振対策には古典的な手法で、あるいは先端技術の粋が加えられて、子々孫々に受け継がれていくように工夫がなされていました。
(本殿内の写真撮影は許されませんでした。)

昆陽智之宮司さんに境内の様子を丁寧に説明して頂きました。
田無なおきちのやおよろずさんぽ市の幟がもう立っていた…・

What's New

LINK

Misc.

あおさんのブログ 

  Ameblo

 Ameblo、今は使っていません。このHomePage内のBLOGに変えました。

CONTENTS