高橋洋一の本 「さらば財務省!」 は痛快

本棚を整理していて、高橋洋一著「さらば財務省!」を見つけ、二度読みした。 この本は実にユニーク、痛快。

          

1. 高橋、よくまあ、ここまで暴露したもんだ。

2. 官僚社会、私の長年勤めた会社がまったく同じ体質だ。

3. 異色の小泉内閣と竹中の時代の政策立案の過程

4. 竹中平蔵という男

5. 埋蔵金、消えた年金、郵政民営化、道路公団、財政のキャ

  シュフロー・バランスシート分析

          6. 日本もギリシャと同じように破綻するのか?

          7. マスコミの追随、ゴマすり姿勢  

                           8. 政治家対官僚 ―― 奸計・誹謗中傷

                     9. 安部総理の2007.9辞任の真相

         10. 政府諮問会議の実態と愚かしい御用学者の群  

          :

 

まあ書き出したらキリがないが、このようなことが赤裸々に暴露されている。

大蔵省(→財務省)の実像を通して霞ヶ関がよく判る。国家予算の仕組みがよく見える。

 

公務員改革に取り組んで、霞ヶ関から猛反対されて、出向元に帰れなくなって、東洋大学教授になった男の腹いせか。高橋という男の実相も見えてくる。

改革に情熱をかけて取り組む男のロマン、はたまた、小泉と竹中に使い捨てにされた男の恨み節か。しかし、改革に賭けた高橋の足跡は大きい。事実を知っている国民からの好感度は高い。高橋は結局潰されたのか? 潰されるようでは第二の高橋が霞ヶ関から出てくることはあるか…。

 

この本は、浅田次郎の本を読むのと同じくらい、私にはおもしろい。

 

Amazon     http://goo.gl/wbyGYq

ある書評     08/03/post_b799.html

 

What's New

LINK

Misc.

あおさんのブログ 

  Ameblo

 Ameblo、今は使っていません。このHomePage内のBLOGに変えました。

CONTENTS