忙しい~~  現役時代に逆戻り~ぃ

このごろはご無沙汰になったマイ・ブログ

この10日間ほどは本当に久しぶりに多忙な日でした。それも夜が多かったので、余計に忙しさを感じます。現役時代に比べたら、実は大したことはないのでしょうが、ここ数年、サンデー毎日で過ごしていましたので、ことさらです。

 

この春、有馬さんから市会議員に立候補するのでお手伝いしてくれないかと依頼されて、私はいつもの好奇心から引き受けましたが、いよいよ12月21日投票日、12月14日から選挙活動開始ということが近づいて、選挙期間中にやらなければならないことの準備相談ミーティングが増えてきました。選管への往復や、有馬さんを含む立候補者の市民との懇談会への出席なども予定をこなして来ました。
勝ち馬に乗るための準備は簡単ではありません。私たちの課題はもっともっと多くのサポーターを作りたいことですが、なかなか容易ではありません。どの立候補者も同じでしょうけど。

 

その有馬さんの企画で、11月23日(日)に西東京市市民会館の大公会堂でシンポジウム「在宅医療を知る」を開催するのですが、訪問診療医師やパネリストの方々8人との事前打ち合わせ、シナリオ作成、収容人数は500人の大会場、チラシ配りも有馬さんと二人で1日かけて車で要所、要所に配布し、参加依頼をしました。公会堂の舞台係りの人との、パネリストの座るテーブルの位置、照明、音響、プロジェクタ、ビデオ録画、なども現場を見ながら打ち合わせをやってきました。

 

在宅医療についてのシナリオつくりなどは素人の私には判らないことですが、一般市民目線で聞きたいことを伝える、つまり私が、わからないが故に抱く心配な事柄を挙げて、市民が抱きそうな不安を解消してもらえるような話をして下さいと伝えました。

 

11月22日(土)に恒例の「NPO・市民フェスティバル」、同時開催で「お父さんお帰りなさいパーティ(通称、おとぱ)」が西東京市市民協働推進センター(ゆめこらぼ)の主催で開かれるのですが、私は昨年お手伝いした経緯から、今年は前面に出てのスタッフになりました。

事前準備のための打ち合わせが続き、その結果に基づいて当日は運営を行うのですが、オリエンテーションを担当することになった私は、いい加減に聞いているわけにも行かず、しっかり対応してオリエンテーションの原稿も作成しました。

そんな折に、先日、11月17日(月)は私が参加しているおしゃべり会(閑人会)でカタール滞在時の話をすることになり、これは経験談ですから、1時間半、楽しくお話しすることができました。むしろストレス解消になったおしゃべり会でした。突然、希望者がおられてカタールの話になったのですが、私としては、話すと事前に判っていたらもう少し話す内容の項目だけでも整理しておきたかったと思っています。つまり、話題・テーマがバラバラでした。質問を受けてはその話題にジャンプ・ジャンプでとりとめがなかったなと反省しきり。 でも突然で良かったです。事前に判っていたら、私の性分で準備にまた時間をかけていたことでしょう。

 

さらにもう一つ、11月16日(日)には、西東京スマイル・カフェ(西東京市の多様な情報をもっと発信して、市民に、周辺の人たちに知ってもらおうというサークル活動グループ)のメンバーの一人、古林さんの発案で、芋煮会が近所の小金井公園で開催されました。私は準備メンバーの一人という心構えで参加しました。

お天気は風もなく暖かく晴れ渡り、すばらしい西東京秋天、合計20数人が集まりました。

 

そこで特筆、私が、3年前、西東京にデビューしたときには既に、西東京の田無ソーシャルメディア研究会のメンバーで、また田無スマイル大学の講師であったり、あるいは受講生だったりして、今でも参画されている荒川区の経営コンサルタント、堀公夫さんが芋煮会にはるばる自転車で参加されたことです。サイクリングが趣味とのことで、1日200km位のサイクリングは平気のご様子。

 

若いのに彼はなかなかの哲人。サイクリングのみならず将棋の世界にも造詣が深く、さらに時事に敏感。この人はどんな人かひと言でいうと、何事もいつも本質の芯を抉って見つめ、評論の論点がしっかりしている人、ですね。

「考える」ということを教えてもらえます。理屈ではなく、やはり真理の追求ということ。これは私には楽しく面白い。好奇心旺盛なところが似ているようです。

 

小金井公園でお昼過ぎから酒を飲みながら、寅さんを作った山田洋二監督の人生哲学と映画表現、そこに堀氏の経営コンサルタントとしての分析と見方が顕れるのですが、映画会社の利益追求という経営上から来る寅さんのシリーズ化要求と山田監督の対応、苦悩、堀氏とこんな話に発展しました。

 

忙しいけど私にとってはいくらコストをかけてもいい忙しい出来事がこのところ続いています。おもしろい。知らないことを知ることは実に楽しい。今夜も有馬さんの選対(?)会議があります。

 

昼間、こうして自宅でブログを書いていて夜になると出かけるなんて、何だか調子が狂うような、いな、調子が合うような、不思議な「いま」を私は過ごしています。

 

そういえば、忙しいの中にはいろんな会合の後のいっぱい飲みが増えたことを書き加えなければなりません。増えました、飲み会が。

まちの人とまちの居酒屋で飲む雰囲気は現役時代とはまったく異なります。

終電を気にしない、タクシーなど不要、いつも自転車。

忙しいとぼやきつつ、飲み会を心のどかで楽しみにしています。

「忙しいうちが花」ですか・・・・。

  

    ひな壇に並んだ立候補予定者、有馬さんは左側から4人目

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    堀 公夫 (木曜日, 20 11月 2014 07:52)

    こんにちは、青さん。
    10日ぶりの折角のブログ記事に、「若いのに彼はなかなかの哲人」等々、不肖の私について特筆いただき、恐縮かつ感激しきりです(感涙)。
    寅さん談義は、本当に考えさせられました。
    「『寅さん』はPTAが推薦できますか?(→できないに違いない)」との青さんの指摘は、ビジネスの非公共性と非一過性(≒良くも悪くも後世に影響を与えること)を強く再認識するに余りあるものでした。
    ともあれ、不肖私、人生の師の評と心遣いを無にしないよう、自助努力に一層励む所存です。
    今後も寛いお心で仲良くお付き合いいただけると、望外の喜びです(礼)。

  • #2

    堀 公夫 (木曜日, 20 11月 2014 08:06)

    青さん、たびたびスミマセン。堀です。
    先ほど投稿させていただいた↑の「1#」の文中に誤りがありましたので、訂正と陳謝をさせていただきます。

    誤:ビジネスの「非公共性」
    正:ビジネスの「公共性」

    青さん、私はやはり不肖者ですね。(苦笑)
    今後のご高導を重ねてお願い申し上げます(礼)。

What's New

LINK

Misc.

あおさんのブログ 

  Ameblo

 Ameblo、今は使っていません。このHomePage内のBLOGに変えました。

CONTENTS