細胞は死ぬとき光を発する!!?


細胞が死ぬ時にみせる「自家蛍光」。小保方晴子氏が「200回作製に成功した」と言ったのは自家蛍光とみられ、緑色の蛍光を発した。波長を変えて観察すると赤色の光も発していた。


自家蛍光、細胞の世界も大宇宙も同じではないか。星の最後、超新星の大爆発を連想する。

                神秘的。


理化学研究所の丹羽仁史プロジェクトリーダーらが8月27日に公表したSTAP細胞の検証実験の中間報告。22回実験して半数以下で細胞の塊らしきものが見えたという。


これでSTAP細胞はできていなかった可能性が高まったという。

小保方さんはこんな光をSTAP細胞だと本当に思ったのだろうか。信じられない。あのときの記者会見のシーンが思い浮かぶ。



What's New

LINK

Misc.

あおさんのブログ 

  Ameblo

 Ameblo、今は使っていません。このHomePage内のBLOGに変えました。

CONTENTS